第11回 コロナ禍だからこそ スマホの契約を見直そう!

「スマホ」を「お金」という切り口で語るシリーズの第2弾です。

背景

ついに、NTTドコモが事実上のサブブランドと言えるahamo(アハモ)を引っ提げて、値下げ競争に参戦してきました。あまりの破壊力に、ただただ驚くばかりです。

しかしですね、ahamoはあなたにとっての救世主とは限りません。総務省が発表した情報によれば、スマホの契約者のうち、49.5%は2GB未満の利用だったのです。

コロナ禍の影響で、ニューノーマル(新しい生活様式)が定着しつつある中、外出の機会もぐっと減り、以前のようにモバイル通信をそれほど使わなくなった方も多いはずです。

これを機会に、あなたもスマホの契約を見直しをしてみませんか?

なお、2020年12月3日時点での情報に基づいております。

授業内容

メインブランドに固執する理由は何ですか? この授業では、以下について解説いたします。

  • 総務省が発表した驚きの実態! (前編)
  • 各社のブランドの違いって何なの? (前編)
  • あなたに合った料金プランは? (後編)

授業 (前編)


授業 (後編)


是非、YouTubeチャンネルの登録をして、応援してください!
みなさまからの応援を励みに、「無料で学べる お金の学校」の継続に努めてまいります。